メインメニュー

グローバルな流通と物流管理システム

治験のサプライチェーン戦略に、実績豊富なグローバルサポート

6大陸に戦略的に配置された50を超えるデポと、米国、英国、ドイツ、アジア太平洋地域に設置されたGMP準拠の製造施設。このグローバル・ネットワークをベースに、治験プロジェクトの動きを慎重に検討し、製品の品質維持に必要な配送業者と航路を選択することで、配送スピードと費用効率のバランスに優れた安定供給を実現しています。また、各国・地域内の直接サポートや特有の専門的知見、そして、世界的な課題へのソリューションも高い評価を得ています。

温度管理が必要な製品を安全に保管

キャタレントのコールドチェーン・ネットワークは、業界トップレベルの収容力と最先端の監視システムを誇ります。 EPS /水、VIP/PCMシステム、温度監視装置など、様々な低温輸送のソリューション、そして、徹底したサポート機能と業界屈指の配送業者とのパートナーシップにより、お客様の製品を世界中で適切に取り扱います。

保管環境とグローバルな流通サービス

  • 常温、CRT(15~25℃)、冷蔵(2~8℃)、冷凍(-15〜-25℃)、超低温冷凍(-40C〜-60C、-70C〜-90C、極低温)
  • 規制医薬品の原薬保管と流通(DEAスケジュールⅠ-Ⅳ)
  • 英国とEUでのQPリリースサービス
  • IRTおよび顧客在庫管理システムとの統合
  • EPS /水、VIP/PCMシステムをはじめとする常温および低温輸送のソリューション
  • 50を超えるデポと業界屈指の配送業者のグローバルネットワーク
  • 治験薬の回収、照合、廃棄

規制医薬品と特殊な物流管理

薬事規制や物流に関する幅広い専門知識を活用し、規制医薬品の原薬を世界規模で配送することができます。

EU・英国の治験をサポートする有資格者が常駐

イングランド、スコットランド、ドイツの治験薬包装施設に常駐する経験豊富な有資格者(QP)が、EU GMP宣言書の提出をサポートしています。

QP証明書の薬事要件を満たしているか確認し、EU圏内での配送やEU圏外への輸出に必要な治験薬のバッチリリースもサポート。国際整合化に適合した手順と文書化を採用し、EU圏内の施設でなくても、治験薬の効率的なリリースを可能にしています。

サプライチェーンの可視化

サプライチェーンの継続的な検査と検証により、最良の物流ソリューションを提供しています。また、eソリューション(電子在庫管理システム)により、いつでもどこからでも治験薬などをモニタリングすることができます。